結婚後に妻が母親に変わってしまった…

結婚すると、ラブラブの恋人同士だったときには気づかなかった、
お互いの嫌な面がだんだんと見えてきます。  

そのうちに妻は口うるさくなり、小言も増えて、いつしか
夫にとっても母親のような存在になってしまいがちです。

優しいお母さんになってくれるのならよいのですが、実際は
夫にとって、怖いお母さんに見えてくるようです。   
そして、「夫婦」というよりは、家族になってしまい、
そうしたことでセックスレスにもつながることもあります。

こうなると、夫は自分を癒してくれる女性に気持ちが傾くようになります。

もし、そんなときに、「相談にのってください」と若い女子社員に
相談を受けたり、夫婦の悩みを抱えている女性に出会ってしまうと、
浮気や不倫に走ることになってしまうのです。

先人からの言葉から学びましょう!

もし、あなたが怖い母親になってしまったとしても、
夫婦関係を最悪の状態にしないために、大切にすべきことがあります。

それは「3つの袋」です。

結婚式の祝辞などで、ご存知の方も多いかもしれません。

1.お袋 2.胃袋 3.給料袋

これらを大切にすることです。

1.自分の親はもちろん、夫の親も大切にしましょう。
夫の母親というとどうしても敬遠しがちですが、家族のイベントのとき
だけでなく、たまにはお茶菓子の一つでも持って、訪問しては
いかがでしょう。ちょっとした短い時間でもかまいません。

少しでも顔を出しておくと関係性はよくなるはずです。
夫の浮気問題などが起こったときに、夫の母親が味方について
くれると、心強いものですよ。

2.食事は、忙しい朝食よりも、ゆっくりできる夕食のときに、
健康を考えたうえで、夫に喜ばれるものを作りましょう。

または、夫には一品多くするといった工夫もよいでしょう。
買ってきたお惣菜でも、ひと手間かける、そうした気遣いをすることが
大切です。

3.給料袋は感謝してもらいましょう。
そして、労う気持ちも伝えましょう。妻も働いているなら、
夫婦がお互いに感謝、労いを伝え合いましょう。

この3つをしっかり守り抜けば、妻の存在は夫にとって価値あるものとなります。

「3つの袋」は先人の貴重な言葉です。

福田亮子のカウンセリングをご希望の方は、
上記の離婚救急隊のサイトをご覧の上、
フリーダイヤル【0120-25-4122】までお電話下さい。

この記事を作成したキュレーター

夫婦問題・離婚カウンセラー 福田亮子

26歳で4歳の長男を連れて離婚。その後、33歳でお互いに子連れで再婚。その後22年後2度目の離婚ををしました。
二度共に大変苦しい決断でした。子連れ再婚の良い点、難しい点を身を持って経験しました。
二度目...

プロフィール ウェブサイト

あなたの「いいね!」で、この記事が誰かに届いて、悩んでいる人が救われるかも・・・。
 

みんなが見ている人気記事

関連する記事

こんな口調はやめて!妻がこわがる夫の話し方

夫からの電話が鳴るだけで心臓の鼓動が高鳴る。怒られるのではないかと怯える。潜在的に夫がこわいと思ってしまう妻…

しばはし聡子

後悔のない決断をするために

離婚か修復か後悔のない決断をするためには、冷静になり時間をかけ決める必要があります。

松浦まゆみ

最近多い、30代~40代男性のご相談

夫婦問題のご相談というと、女性が多いと思われがちですが、男性のご相談者様も多くいらっしゃいます。

Siori

共働き夫婦の子育て 大変なこと・大切なこと

結婚して子どもが生まれても働き続ける女性たち。社会人であり妻であり母でもあり。辛いことも多いけれど、とても濃…

谷口のりこ

配偶者のDVは辛く苦しい物。私の体験と解決にいたる経緯

配偶者からのDV行為に苦しむ人は見えないだけで大勢いると思います。誰にも悩みを打ち明けられず苦しんでいると思…

MATSUOKA SHIHO

関連するキーワード