結婚とは?

結婚生活は信頼関係で成り立っていると私は思っています。

他人だった2人が衣食住を共にし、日々の暮らしを積み重ねて行く。
相手の作った食事を食べたり、同じ部屋で寝起きするということは、
相手を信頼していなければ到底出来ないことでしょう。

リシン混入事件

夫の焼酎の中に、猛毒のリシンを混入した妻が逮捕されました。

偽名で毒物を購入した人物がいる、という情報と、以前にも焼酎を飲んで
体調を崩したことがあり、警戒をしていたため今回の逮捕となったそうです。

好き合って結婚したにもかかわらず、相手に毒を盛るようになるまでには、
一体どのようなことが夫婦の間に起きるのでしょうか。

相手が口にしたもので異変が起きれば、まず疑われるのは家族です。

自分の仕業とわからないようにするために、長期にわたって少量の
混ぜ物をすることも、とてつもない労力を必要とするはずです。

離婚の方がマシ

事件が発覚するのは氷山の一角のような気がします。

水面下、もしくは意識の上では、どれほどの妻たちが夫の死を
願っているのでしょう。
離婚するほうが、犯罪に手を染めるよりはマシなはずです。

周りに相談できる家族や友人はいませんか? 
専門家に相談するのは敷居が高いですか? 
夫へのマイナスな感情を、気の置けない友人にしゃべり尽くして
ギャグにして、大笑いすると意外とストレス発散になりますよ。

踏みとどまるために

どうかそんなつまらない夫のせいで、あなた自身が犯罪者にならないで
ください。
なにより、軽んじていい命などないのです。

発作的な衝動から暴力的な犯罪に走りやすい男性に比べ、
女性は積み重なった恨みから犯行に及ぶケースが多いと聞きます。

心に溜まってしまった熱を、夫に向けるのではなく、別の方向に
向けてみませんか。

趣味に没頭するのもいいですし、同じような境遇の女性たちの話を聴く
ボランティア活動でもいいし、未来に向けて専門的な勉強を始めるのも
いいでしょう。

なにかに熱中してみると、夫の存在などとても小さく思えてくるかも
しれません。
つまらない男と割り切って、あなたは自分の人生を大切に生きてください。

谷口のりこのカウンセリングをご希望の方は、
上記の離婚救急隊のサイトをご覧の上、
フリーダイヤル【0120-25-4122】までお電話下さい。

おひとりで抱えこまず、一緒に乗り越えていきましょう。

この記事を作成したキュレーター

夫婦問題・離婚カウンセラー 谷口のりこ

14年前に離婚を考えたことをきっかけに、岡野あつこ先生の離婚カウンセラー養成スクールの門を叩きました。そこで学んだことは、私の大きな財産となり、実生活にも大変役立っています。
その後、離婚カウンセラーとなり、「岡...

プロフィール ウェブサイト

あなたの「いいね!」で、この記事が誰かに届いて、悩んでいる人が救われるかも・・・。
 

みんなが見ている人気記事

関連する記事

繰り返される浮気と嘘、あなたは何を信じますか。

「相手とはもう会わないから」「約束するから」 そう言いながら繰り返される浮気と嘘を、何度も許して何度も裏切ら…

山谷育子

主人の仕事が安定せず、本気で離婚しようと悩み母親に相談しました。

本気で離婚を考える事はあっても一旦考える事が重要。私が離婚しようと悩んだ体験で、同じ境遇にある方の参考にして…

久保 未来

こんな口調はやめて!妻がこわがる夫の話し方

夫からの電話が鳴るだけで心臓の鼓動が高鳴る。怒られるのではないかと怯える。潜在的に夫がこわいと思ってしまう妻…

しばはし聡子

包容力のある妻が息苦しいという夫

パートナーのことを想ってした言動がパートナーの心の届かずに亀裂に繋がってしまうこともあります。 お互いに修正…

鈴宮さゆり

いくつになっても姉妹のような母と娘 カウンセラーが見た実家依存・妻バージョン

親と子の関係も時代とともに変化しています。数多くの夫婦・親子を見てきた現役のカウンセラーが実家依存の現状を語…

谷口のりこ

関連するキーワード