こんにちは。カウンセラーの福田亮子です。

「夫婦でけんかをしたときに、夫に言われた言葉が忘れられません。
けんかの中で思わず出た言葉だからこそ、本音なのではないか」と
夫からの言葉に過剰に反応される妻がいます。

私が、
「夫婦げんかが白熱すれば、思ってもいないことも言うのでは?」

とアドバイスしても、妻は
「私は言い方が悪くなっても、思ってもいないことは言いません」

と納得がいかないようです。

言葉はけんかのときには武器になりますから、
相手より優位に立つ、言い負かす、黙らせるためなら、
思っていなくても、相手が嫌がる言葉を使うものです。

それは自分が思っているから、本音だからということではなく、
相手を攻めて言い負かしたいだけなのです。

新婚早々の大げんかで夫が口にした言葉

まだ新婚間もないのに、ささいなことで大げんかになってしまい、
離婚を考えているという相談者の香奈さん(仮名/33歳)は、
自分でも「言い過ぎてる」と思いながらも、夫を激しく罵倒して
しまい、止まらなくなってしまうと言います。

夫の健太さん(仮名/37歳)はいつも黙って聞いているそうですが、
ついに我慢できなくなったのか、

「お前と結婚したのが失敗だった! 離婚だ!」と怒鳴ったそうです。

その日を境に、香奈さんはその言葉を引きずり、健太さんと
会話をまったくしていません。

そして
「忘れればいいのかもしれませんが、どうしても忘れられない…。
このままでは普通に生活できないので、冷静になるために、
一旦、家を出ようと思います。」
と言いました。

夫婦げんかの時に発する言葉は本音とは限りません。

相手を黙らせようと、わざとひどい言葉を選ぶこともあります。
中には、妻を傷つけようとより刺激の強い言葉を使ってしまう夫も
いるのです。
単に頭に浮かんだひどい言葉をぶつけたに過ぎないことも
少なくありません。

そうしたときには、相手の言葉に煽られて、巻き込まれてしまっては、
取り返しがつかないことになりかねません。

お互いに離婚などまったく考えていないのに、夫の暴言に傷ついた妻が
家を出て行き、結果、離婚になってしまうこともあるのです。

どうぞ、冷静になって、相手の勢いに巻き込まれないでください。

それでも、収拾がつかなくなったと思ったら、家を飛び出す前に、
専門家に相談してください。

福田亮子のカウンセリングをご希望の方は、
上記の離婚救急隊のサイトをご覧の上、
フリーダイヤル【0120-25-4122】までお電話下さい。

この記事を作成したキュレーター

夫婦問題・離婚カウンセラー 福田亮子

26歳で4歳の長男を連れて離婚。その後、33歳でお互いに子連れで再婚。その後22年後2度目の離婚ををしました。
二度共に大変苦しい決断でした。子連れ再婚の良い点、難しい点を身を持って経験しました。
二度目...

プロフィール ウェブサイト

あなたの「いいね!」で、この記事が誰かに届いて、悩んでいる人が救われるかも・・・。
 

みんなが見ている人気記事

関連する記事

「優しさ」とは…時には見守り時には厳しく

夫婦関係がk変化していくと共に 「優しさ」の感じ方・捉え方が変化 添ていきます。

鈴宮さゆり

GWは夫婦のトラブルが起きやすい?!

ゴールデン・ウィークが始まりました。家族で旅行に出かけたり、故郷に帰省されたり、と楽しい予定がある方も多いの…

福田亮子

夫婦喧嘩の意味と上手に解決する方法を学んで、より良い関係を築きましょう。

夫婦にとって解決しなければいけない問題は山のようにあると思いますが、その度に大きな夫婦喧嘩をしていては離婚に…

SAYU-MIYU

人生行路は長く険しい。ゴールは見えず、方向さえ分からない。そんな時は勇気を出して話し…

堂々巡りは時間の無駄、人生の無駄遣いです。情報収集、取捨選択、最終決断と賢く前進するためのサポーターとしてご…

赤染はるみ

夫婦の問題は、理想に近づく大きな一歩。解決方法は2人の中にあるのです。

誰にも起こりえる夫婦の問題。問題が生じた時こそ、チャンスと捉えて、より良い夫婦に生まれ変わる努力が必要なので…

細川 孝

関連するキーワード