子供は自分を責めています

物心つき始めて、離婚をぼんやりとでも理解できる年齢の子供であれば、心のどこかで「僕、私のせいでパパとママが離婚したのかも」と自分を責めているものです。
「いい子にしていなかったからだ」
「ママのことばかり好きって言ってたからだ」
「僕、私がいなければパパとママは仲良くできたのかも」
と子供なりに自分の言動に心当たりを見つけ
「僕、私のせいで離婚になっちゃってごめんなさい」
と小さい胸を痛め苦しんでいるのです。
普段明るく悩んでいなさそうな子供でも少なからずあるでしょう。現に、当時9歳だった私の息子がそうでした。
離婚をすると自分のことで精一杯になりがちですが、子供をいかに楽にしてあげるかは、親の最重要ミッションではないでしょうか。

離婚による変化に「ごめんね」は厳禁

シングルマザーになって働く時間も長くなり、子供が一人で夜遅くまで留守番をすることが増えることもあるでしょう。
また、疲れがたまり、つい夕飯をお惣菜にしてしまったり品数が結婚していたときより明らかに減るなんてこともあるかと思います。
そんなときに
「遅くまで留守番させてごめんね」
「寂しい思いさせてごめんね」
「お料理する時間なくてごめんね」
「かまってあげられずにごめんね」
と子供を思うがあまり、ついつい言ってしまいがちなのですが、これは子供にとって逆効果。
「ごめんね」を言われれば言われるほど、
「どうして僕だけこんな思いをしなきゃいけないんだ」
「僕はかわいそうなんだ」
と自分自身の置かれた状況をネガティブに捉えるどころか
「パパとママが離婚したせいでこんな目にあった」
「離婚したパパとママが悪い」
と両親の離婚を恨み責める気持ちが芽生えてきてしまいます。

「ありがとう」に変換しましょう

「ごめんね」のシチュエーションを「ありがとう」に変換して子供に伝えましょう。
「遅くまで留守番してくれてありがとう」
「お手伝いしてくれてありがとう」
「ひとりで遊べてすごいね。ありがとう」
子供扱いせずに、一個人として認め「ありがとう」を言うことによって、子供は自分が役に立っていることや存在意義を自覚し、ママと一緒に頑張ろうという気持ちになってくれます。
一緒に泣いたり元夫の悪口を言うことは厳禁!
ママの笑顔と「ありがとう」こそが、子供を幸せにしてあげられる源ですよ。

この記事を作成したキュレーター

離婚・面会交流コンサルタント しばはし聡子

大学時代は法律を学び、エネルギー業界で広報・秘書業務に従事。
結婚・出産を経て、仕事も家庭も育児も順風満帆!のはずが、40歳でまさかの離婚。現在、シングルワーキングマザーです。
自身の離婚経験を生かし、同...

プロフィール ウェブサイト 相談する

あなたの「いいね!」で、この記事が誰かに届いて、悩んでいる人が救われるかも・・・。
 

みんなが見ている人気記事

関連する記事

夫婦が意外と知らない「離婚の条件」とは

夫婦の離婚が認められるには、離婚の条件を満たす必要があります。意外と知られていない夫婦の離婚の条件について調…

Shortcake98

「フレンドリー・ペアレント・ルール」 って知ってますか

初めて耳にする方も多いのではないでしょうか。フレンドリー=友好?ペアレント=親? 今後、離婚後の親権獲得にあ…

しばはし聡子

離婚したいけど・・ちょっと待って!その離婚★離婚後の生活は大丈夫!?

パートナーの裏切りにより、離婚をしたくて仕方ない方もいますが、中にはカウンセラーからみて、時期早々と思える方…

MIWAKO

離婚後の様々な悩みは、相談出来る人や頼れる人を見つける事で解消できます。

離婚後、特にシングルマザーになる女性には、いろいろな悩みが付きまといます。1人で全てを抱えてしまうと本当に大…

佐々木 頼子

離婚したシングルマザーは、子育ての相談をする公的機関を上手に利用しましょう!

離婚をすると決める前に、子供がいる方が心配になるのは、「1人になってからの生活」。別れる前に、シングルになっ…

山本 瞳

関連するキーワード