シングルマザーになるのは不安がいっぱい

離婚して女性が子供を引き取った際は、様々な悩みや不安を抱えるものです。

お金の面や、将来の事など、子育てに関しても自分一人で行わなければならないということで、非常にプレッシャーを感じる女性もいます。しかし、こういった不安を一人で抱えてしまうと、健康面でも、うつ病などの精神病に発展してしまうことがありますので注意が必要です。

こういった場合に、お金の事になると、誰に相談するのむ難しいし、自分でなんとかしていく他ないかもしれませんが、「体が資本」と言いますが、健康面を崩してしまうと、お金を生み出す行為も難しくなってきてしまいます。こうならない為にも、悩み・アドバイスを気軽に相談できる人を持つことが非常に大事となってきます。実感はできないかもしれませんが、人に相談する事で、精神的にストレスが解消できたり、打開策が見つかることもあります。

多くの場合は、自分の両親や兄弟が、その対象となりますが、自分の事を親身になって話してくれる、学生時代からの親友などがいれば、同じ悩みを持っている場合も多く、本当に頼りになるものです。

子供の病気が仕事に支障をきたす事も。

離婚時の慰謝料や養育費の金額にもよりますが、ほとんどのケースで、シングルマザーとして生きていくとなると、仕事をしながら子供を育てることになります。

この場合にネックになるのが、子供の急な発病です。

社会人として給料を貰って職務についている以上、それぞれの仕事には、ある程度の責任があります。例えば、他の人に変わってもらえない大事な会議があったり、職場の人数が少なくて、変わりがいない。社内に子育てに関する理解が少ないという状況では、仕事を簡単には休むことができません。

そういった際に駆けつけてもらえるのも、両親やママ友や親友ということにもなりますので、離婚した場合、住む場所を自分の実家に近い場所にしておくことも重要と言えます。

また、両親に気軽に頼める状態を作るためには、離婚の際に両親にも迷惑をかけたことをきちんと謝罪して関係を良好にしておくことも必須です。両親としては結婚した際に、離婚までは想定していませんし、口には出さないまでも残念に思っているものです。

きちんと原因等を話しして、理解を得ていない場合、離婚後に険悪な関係になることもありますので注意が必要です。

その他では、別れた旦那さんに養育費をきちんと払ってもらうことをお願いしておくべきです。

経済的な不安というのは子供がいる場合特に大きくなるものですので、そういった不安を抱えないための事前の話し合いは必要です。
旦那さんがきちんと話し合いに応じてくれない場合、弁護士を挟んできちんと話をしておくことが必要です。

離婚相談に応じてくれる弁護士さんは沢山いますので、口コミの評判等を参考にしてお願いする弁護士さんを探すことがベターです。
また、悩み・アドバイスを気軽に話せる離婚経験者を見つけることも悪くありません。

この記事を作成したキュレーター

佐々木 頼子

両親が子供の頃に離婚した経験を持つ私。子供がいる夫婦で離婚を考えている方に、私の経験が役に立つと思います。

プロフィール

あなたの「いいね!」で、この記事が誰かに届いて、悩んでいる人が救われるかも・・・。
 

みんなが見ている人気記事

関連する記事

離婚したいけど・・ちょっと待って!その離婚★離婚後の生活は大丈夫!?

パートナーの裏切りにより、離婚をしたくて仕方ない方もいますが、中にはカウンセラーからみて、時期早々と思える方…

MIWAKO

「フレンドリー・ペアレント・ルール」 って知ってますか

初めて耳にする方も多いのではないでしょうか。フレンドリー=友好?ペアレント=親? 今後、離婚後の親権獲得にあ…

しばはし聡子

夫婦が意外と知らない「離婚の条件」とは

夫婦の離婚が認められるには、離婚の条件を満たす必要があります。意外と知られていない夫婦の離婚の条件について調…

Shortcake98

再婚のタイミングは子供に細心のケアを

離婚後、新しいパートナーに出会い、子連れで新たな人生を踏み出そうとしている方へ。 子供は親が思っている以上に…

しばはし聡子

子供には「ごめんね」じゃなくて「ありがとう」を伝えましょう

離婚によって一番辛い思いをしているのは子供かもしれません。時にすすり泣いたり、かと思えば反抗してくることもあ…

しばはし聡子

関連するキーワード