離婚する際に私を助けてくれたのは専門家の方々

前の夫と離婚するにあたって、私の場合は、離婚カウンセラーと弁護士の方にお世話になりました。仕事を辞めてから結婚し、小さいこどもを育てる事に集中していたため、私の場合は、「離婚=弁護士が必要」というイメージが強かったので、弁護士を雇うにも、まず弁護士費用が非常に気になりました。知人からのアドバイスなどもあり、まずは自分の状況に何が必要なのかを知るために、離婚情報の専門家である「離婚カウンセラー」の方に相談することにしました。私の場合は、電話をしていろいろな相談にのってもらいました。そして、結婚してから離婚を決意するにいたるまでの内容を話し、私の場合「必ず揉めるから弁護士に依頼した方が良い」という結論にいたりました。そして、経済面で心配という事を話すと、そんな方の救世主として、各地に点在している法テラスというのがあるという情報を教えてくれ、相談にあたって「こうした方が良い」という様々な情報をいただきました。

私はDVが原因で離婚することになりました。

そもそも私が離婚をしたいと思うに至ったのは、元夫のDVが原因です。元夫は、良い学校を卒業して、大きな会社に勤めており、頭も切れる方だと思うのですが、その分、物事や仕事などに気持ちが傾き易く、家庭内の事には余り耳を傾けるタイプではありませんでした。簡単に言うと「仕事人間」です。結婚前の付き合う期間があったので、DVをされた事の無い方からは、「結婚前にわからなかったの?」と言われることが多くありましたが、私たちは、お見合いに近い状態で結婚したため、その時には、まさかDVをする人だとは解らなかったのです。

結婚後の夫婦喧嘩が増えてきて・・・

結婚して、家庭内の事や子供の教育方針などで話がまとまらず、こちらが食い下がる様な時に、暴力を振るわれる事がありました。最初は軽く頭を叩かれる程度だったのですが、どんどん酷くなってきて、特に仕事などが集中して、プレゼンに追われる様な時と、家庭内の事が重なると、足蹴をしてきたり、本気で殴られたりと、DVが顕著になりました。始めの内は、「忙しいから、本当の彼は違う・・・。こんな事をする人じゃない。仕事をがんばってくれてるんだから・・・」と思う様にしていましたが、私を含めた家族に対する愛情が感じられず、DVに対する恐怖感も強くなり離婚を決意しました。

法テラスで弁護士を見つけて離婚に向けた証拠集め

法テラスに訪れ、弁護士を紹介してもらい、離婚ができるという方向性の元に、アドバイスされた通りに証拠集めを行いました。やはり、離婚となると夫婦間で合意が無い場合は、証拠が無いとまとまらないようです。証拠になるものとしては、暴力にあった時にできる傷やアザ。これがDVのもっとも有効な証拠になるとの事でした。

そのため、この日から裁判になった場合に提出できる様に、証拠集めの日々となりました。簡単な方法としては、携帯電話での写真なども証拠として扱われるとの事だったので、夫婦生活は恐怖との戦いでしたが、未来の為に、暴力を振るわれた後には、写真を撮ったり、他にも、記録として、日記なども証拠として書き記しておくようにしました。弁護士の先生曰わく、できるだけ細かい日付や内容などを記載しておくと、経過なども客観的に見れるため、証拠としての信頼性や価値が上がるとの事でした。

離婚カウンセラーと弁護士に感謝

私の相談にのってくれた離婚カウンセラーの方と担当弁護士の先生はどちらも女性で、詳細な指示なども出してくれたので、一時的にこどもと非難する際にも、必要なものはもって出てよいなどをアドバイスしてくれました。やはり、どこまでがこちらの行動としても可能かどうかの線引きがわからないため、弁護士のアドバイスは役立ち、無事離婚する事ができました。

離婚を経験した私が思うことは、夫婦間の協議離婚だけで話がまとまらない場合は、何をしていくべきか経験が無いため、専門家の離婚カウンセラーに相談。その後、必要がありそうであれば、弁護士にお願いするといった流れが良いように感じました。

この記事を作成したキュレーター

あなたの「いいね!」で、この記事が誰かに届いて、悩んでいる人が救われるかも・・・。
 

みんなが見ている人気記事

関連する記事

夫のお母さんになってしまってはいませんか?

結婚生活が長くなってくると、夫婦は「男と女」という関係性ではなく、親子のようになってしまいがちです。夫に対し…

福田亮子

共働き夫婦の子育て 大変なこと・大切なこと

結婚して子どもが生まれても働き続ける女性たち。社会人であり妻であり母でもあり。辛いことも多いけれど、とても濃…

谷口のりこ

こんな口調はやめて!妻がこわがる夫の話し方

夫からの電話が鳴るだけで心臓の鼓動が高鳴る。怒られるのではないかと怯える。潜在的に夫がこわいと思ってしまう妻…

しばはし聡子

帰宅恐怖症は心のSOSです。

夫が家に帰りたくない・・あなたはその気持ちに気づいていますか?

鈴宮さゆり

夫婦問題を解決に導くのは「話合い」これで解決できない問題は専門家に相談するのがベスト…

夫婦には様々な問題が起こりますが、何事も2人で話し合って解決していくのが一番の方法です。ですが、域を超えての…

細川 孝

関連するキーワード