離婚する際に決定する条件設定

今後の家族・子供との関係・住んでいる家・今後の生活費・離婚する原因となった事由に対する慰謝料・子供がいる場合は養育費など、離婚を決意した場合には、その際に発生する様々な条件を設定していかなければいけません。

離婚となると、男性と女性では多少、条件の設定に関する背景や理由にも違いが見られます。今回の様に、男性目線で考えた場合は、女性の要求してきそうな内容については、ある程度、予想して把握しておく事が望まれます。

夫婦で話合いを行って、互いの条件が折り合わない場合には、仲介する人をたてた方がスムーズな進行になる事もありますので、必要があれば、やはり法律の専門家である弁護士を利用するのが、有効な方法になります。

金銭面さえ折り合えば、ほとんど問題にならない

多くの場合、慰謝料というのが一番の問題であり、一番男女の希望条件が折り合わない部分になってきます。浮気などの様に、離婚原因を作った側が明確にわかっている場合は、被害者側は出来るだけ多く貰いたいと思っているでしょうし、払わなくてはいけない側は、「払うのはしょうがないけど、出来るだけ少なくしたい」と考えるのが普通です。

逆に、ここさえお互いに譲歩した話が出来れば、もめる事は無いと言えるでしょう。

慰謝料とは,浮気していた夫(妻)とその浮気相手から受けた精神的な苦痛に対して支払われるお金になります。夫や浮気相手に慰謝料を請求することは,不法行為に基づく損害賠償請求として法律で認められていますが,実は慰謝料の金額については,明確な基準があるわけでもなく,ケースバイケースで決まることがほとんどです。

そのため,過去の判例などを参考に慰謝料の金額は,単に浮気をしただけなら(離婚も別居もせず,夫婦関係を継続する場合なら)50万円~100万円,浮気が原因で別居に至った場合は100万円~200万円,離婚に至った場合は200万円~300万円が一般的となっています。金額にかなりの幅やバラつきがありますが,浮気・不倫による損害が大きいほど慰謝料も高くなる傾向になりますね。

ですが、慰謝料に関しては、離婚に至るまでにどちらに、どんな非があったかという、離婚理由が大きく作用してきます。

男性側の浮気が原因による離婚などの場合には、慰謝料にそれが反映される事になります。

慰謝料は、支払う側の経済状況によって、数字が前後するケースはありますし、男性の浮気相手が独身の場合には、そちらの女性にも、慰謝料請求が出される可能性もあります。この不倫相手への慰謝料請求は証拠が揃っている場合、裁判となれば100%支払いを命じられる事になると考えておいて良いでしょう。

女性側が浮気で離婚する場合には、逆に慰謝料請求ができる可能性があり、逆の場合には、請求される可能性があるという事になってきます。

子供がいる場合は養育費の支払いも発生する

夫婦の間に子供がいる場合には、当然ですが養育費が話題になる可能性が高くあります。2人の間に生まれた子供ですから、今後、大人になるまで育てていく義務が両者に存在します。そして、収入が高い側が、親権を持つ側に養育費を支払うのは、当然の義務となります。

男性にとって、親権を持って子供を自分で育てるという判断をしない限りは、必ず相手側に養育費を支払わなければいけないと思っておいてよいでしょう。日本では、女性側が子供を引き取るケースがよくあり、男性側が決まった金額を毎月振り込むなどの場合が多く見られます。

ですが、この養育費の金額も実際的な数字については、両者の収入状況などが加味されて、算出される事になります。女性側が無職で、男性側だけの収入で生活していた場合には、男性の収入による試算表によって、養育費などが割り出される事になります。

夫婦ともに給与所得者(自営業ではない)で、義務者(縦軸)の年収が500万円、権利者(横軸)の年収が100万円、子供1人表(子0~14歳)の場合には、養育費の相場は4~6万円となります。

社会全体で見ると、この金額の図から読み取れる金額とおり支払えている方はそれほど多くはないというのも状況としてはあるようです。

慰謝料・養育費という形で請求される可能性もありますので、自分の現在の収入や状況に対して適切な金額がわからない場合は、弁護士を通じて、適正な数字を出してもらうなどが必要になります。

離婚をする際に発生する慰謝料・養育費については、離婚に至った背景や、相互の収入環境が数字に影響する点を押さえておく必要があります。

この記事を作成したキュレーター

細川 孝

何がベストの選択だなんて誰にもわかりません。数あるなから、2人にあった良い夫婦問題の解決方法を見つけられる様に、いろんな角度から夫婦について考えてみます。

プロフィール

あなたの「いいね!」で、この記事が誰かに届いて、悩んでいる人が救われるかも・・・。
 

みんなが見ている人気記事

関連する記事

グレーゾーンのままではいけない!

グレーゾーンでモヤモヤしていているのが嫌だった。日ごとに明らかになる妻の(怪しい行動)が気持ちを確信に変えま…

Hiro

20代男性が経験した離婚実録。結婚・妻の監視・浮気・そして離婚へ。

21歳で結婚し、23歳で離婚をした2年間に起こった出来事を書きます。妻とのバランスが悪ければ、同じ状況に陥る…

ねんざ

ヒミツと嘘と同僚

嘘はばれる。その嘘に加担する同僚がいる。同僚の名前なんてわかる訳ない。やっぱり嘘なんだね?という話です。

Hiro

喧嘩が出来るのも、感謝が出来るのも幸せです。

喧嘩が出来る事は幸せです。ボクはできません、夫婦喧嘩。でも感謝する事は誰にもできます。どちらも(しあわせなこ…

Hiro

離婚をした男性がこれから考えるべきこと

離婚の原因が自分にあるという男性が、離婚後に何を考えて行動したらいいか、その道標になるように、男性の離婚後の…

鷹取

関連するキーワード