喧嘩か?平和か?

ボクはなるべく喧嘩はしたくないと思っている。
きっと皆さんも同じだと思います。

でもやってしまうんですね。
後で考えれば(何であんな事で喧嘩したんだろう...)って思う事も多い。
例えば、子供のしつけ、勉強方法、親の教育方針、老後について、料理の味、
給料が安い、職位が上がらない、言い方が気に入らない、態度が気に入らない...
もう、そこらじゅうに転がっています。
そして、(何でも喧嘩の原因)になります。
(なります)はおかしいカかも。
(してしまう)が正しいかも知れません。

もっと普通に言っていれば、もっと相手の事を考えていれば、
子供はどうして欲しいと思っているのか?...
そんな事を後から考えて
(あーあ、またやっちゃった...)
と後悔します。

ボクが結婚していた頃、
(当たってもいない宝くじの使い道)
について、大喧嘩したことがあります。バカですね、ほんと。
その時は結局、(当たったら山分け)で決着がついたんだった、確か。
まるでハリウッド映画みたいな決着です。当たる事はありませんでしたが。
(ブツは山分けだ、いいな?)
みたいな感じです。
映画だと、大体その後約束を破る奴がいて(独り占め)しようとしたり。。。

閑話休題。
以前にも書いたけれど、喧嘩の原因は些細な事が多かったりします。
その(些細な事で喧嘩)をしないためにも、結婚する前から話し合っておくのも重要だと思います。相手が(そう思っているとは思わなかった)なんて結婚してから思ったら、何かあるごとにいちいち喧嘩になります。
(相手の立場になる)って言うけれど、(本当に)そうしていれば喧嘩にはならない、或いは(最小限に抑えることが出来る)と思います。
時には、思い切り思いを相手にぶつけて言い合う事もいいかも知れません。
言いたい事を言い合えるのも幸せです。

「オレがこれだけ言っているのに、何でわからないんだよ!!」
なんて言えば、
「そんなに怒鳴らないでよ!!!」
って余計に喧嘩になる。
でもそれが鎮まった時に初めて
「さっきはごめんね」
っていう優しい気持ちが生まれる訳で、その気持ちを素直に口に出しましょう。
(先に謝った方が負け)(照れ臭くてできない)じゃないですよ。
そんなとこに意地張ってどうするんですか?

お互いの事を考えてあげられるようになるためにも、普段から小さなことでもコミュニケーションを取るようにしたいですね。

感謝しろ!って?

そして給料関係の事。

これ、どうしようもない部分が多いですよ。会社員は。
何かの役職に就いた、ベースアップした(今はベースアップしても数千円)というところが多くなってきているようです。社内でランクが上がった、単身赴任で手当てがついたとか、
いろいろありますが手当程度です。
そこは突かれたくない部分だと思います。

怒ったり、愚痴を言って給料が増えるなら、皆(高額納税者)です。

だからといって
「給料あるだけでも感謝しろ!」
は、ない。
言われてする事ではなくて、自然に心でする事だと思っています。

(めっせー字)
で有名な杉浦誠司さんんも(感謝)を書いています。
その字を良く見ると
(すべての人々へこころをこめて)と言う字で「感謝」と言う漢字が出来ています。
(感謝しろ!)
って言って感謝はしないと思います。
出会ったことに感謝です。出会いと言う種を蒔いただけで水を差しださないと芽もでない、
花も咲かない。水は(コミュニケーション)だったり、(相手を思いやる気持ち)だったり。
だから人はお互いにいつも相手に差し出す(水)を持っていて、
いつでも相手に差し出す事が出来るようにしたいと思います。

でも、もしも喧嘩になってしまったら大きな声を出さず、
(話をする)ように心がけたいものです。
感情先行だと、どうしても大きな声になってしまいます。
(話す)って本当に大事だと思います。

(本当に怒っている人は大きな声を出さない)と言います。
トーンが低い声で淡々と、時に震えた声で強く言います。
この方が(すごい怒っているんだな)って伝わる気がします。
大きな声を出しそうになったら、抑えて話す。
感情先行しそうになった時ほど
(俺たちが、私たちが)
という言い方をすることを勧めます。
次に出てくる言葉が夫婦の為の言葉になるように。

この記事を作成したキュレーター

Hiro

バツ2のシングルファザーです。自分の通った道を書きつつ、同じ事は繰り返さないと自分にも言い聞かせます。子供と楽しく暮らしています。毎日何でも勉強。ここでも勉強させて頂きます。 どうぞよろしくお願い致します。

プロフィール

あなたの「いいね!」で、この記事が誰かに届いて、悩んでいる人が救われるかも・・・。
 

みんなが見ている人気記事

関連する記事

言葉にしなくても気持ちは通じている、という思い込み(夫の言い分)

以心伝心という言葉があります。長年一緒に暮らす夫婦にとって、気持ちは言わなくても相手に伝わっているのでしょう…

谷口のりこ

離婚によって男性が支払う慰謝料・養育費はどの様になっているのでしょうか?

離婚に際して発生する金銭の問題。慰謝料や養育費はどちらかというと男性側にとっての悩みになってきます。慰謝料や…

西村 恭子

細かい話かも知れないけれど。

細かい話かも知れないけれど、普段何気なく言っている言葉が相手を傷つけている事があるかも知れない。そして、気が…

Hiro

20代男性が経験した離婚実録。結婚・妻の監視・浮気・そして離婚へ。

21歳で結婚し、23歳で離婚をした2年間に起こった出来事を書きます。妻とのバランスが悪ければ、同じ状況に陥る…

ねんざ

愛する妻に裏切れ離婚をつきつれられた夫の気持ちの整え方

妻に離婚をつきつけられ離婚をつきつれられる夫の気持ち

鈴宮さゆり

関連するキーワード