私はやめられない不倫の悩みを抱えています。

私は、美人の母親に似た事もあって、小さい頃からチヤホヤされており、中学生で、何人も彼氏がいるような、派手な男性関係を送ってきました。

男性に愛される事は私にとって至上の幸福であり、何にも替えがたいステータスなんです。もちろん世の中ではこうした考えをする女性が許されない事も分かっていますが、それでも多数の男性と付き合う一種の「癖」が結婚してからも治まりませんでした。

入籍した主人とは高校生の頃に出会い、別れたりくっついたりを繰り返した末に互いの希望で入籍に至りました。

この頃は、本当に幸せでした。

しかし、私は自分で言うのもなんですが、日本人離れしたスタイルと甘い顔立ちのお陰か人妻になった後も多数の男性からお誘いを受ける事がやみませんでした。男性は、求める物があれば、何でも提供してくれます。この甘い誘いに、私の「癖」は押さえられませんでした。

誘いをくれる中には、本気で私にアプローチしてくれるイケメンも存在しており、私は、常に複数の男性と不倫関係を結びながら婚姻生活を維持していたのです。

結婚生活が破綻

そうした複数の男性との不倫生活の中で、私自身一人の男性に本気で恋をしてしまい、主人との離婚を決意して家を飛び出しました。

現実的には他の人を好きになった事が離婚したい原因でしたが、その頃の私は主人と相性が合わなくなった事に最大の問題があると感じ、彼を責める言葉を残して別居を開始したのです。(今思えば、一緒に生きていこうとしている人と、都合良く楽しい時間を共に過ごしている人と、どちらも平行した生活をしていれば、どちらと一緒にいたくなるか、結果は見えています。)

状況に納得できず悩みを抱えた主人は私の身辺を探り、ついに私がこれまで複数の男性と不倫関係にあった事を知ってしまいました。と同時に再婚を考えていた私の彼氏の住所を特定して彼に会うと、その事実(彼以外にも不倫相手が複数人いた事)を突きつけてしまったのです。

身のまわりの人間関係が不倫で台無しに・・・

一連の騒動により私の身辺は荒れに荒れ、友達や職場の人間にこれまでの不倫が伝わってしまいました。

それにより私の名誉は著しく傷付きました。それまで主人に原因があるせいで離婚を考えていると伝えていた友人の中には、私との関係を絶って離れて行ってしまった子も存在しています。

私は自分のどうしようもない性格に悩み続け、それでも私を愛していると言ってくれた男性に対する愛情を抑えられず、結局主人とは離婚しました。

現在では私を信じ続けてくれた男性(主人が複数の不倫関係を突きつけた男性)と結婚しています。

こう言う騒動があった後も、私に対して優しい声をかけてくれる男性は数人存在します。これだけの事があったので、私の心の中でも何か変化があると思っていました・・・。でも、私の「癖」である、甘い誘いに流されてしまう性格は治らず、現在も、その人達とライトな不倫関係にあります。

こうした性質はもう治らないのだと開き直らないと暮らしていけないので、深く考えないように生きていますが、また同じ事が、それほど遠くない未来におきる予感もしています。私はやめられない不倫の悩みを抱えています。

この記事を作成したキュレーター

CuTeLa-NAGI

私は男性関係に不自由をした事が無く、そのお陰でなんでも甘えてしまう性格が染みついてしまっていて、不倫が止められない女です。

プロフィール

あなたの「いいね!」で、この記事が誰かに届いて、悩んでいる人が救われるかも・・・。
 

みんなが見ている人気記事

関連する記事

不倫・浮気を止めて帰ってきた夫と再び暮らしていくために

妻に浮気・不倫がバレたことで、夫の浮気・不倫が終わり家に戻って来ました。実は、そこからの妻の対応がとても重要…

福田亮子

不倫や浮気をしている夫の本音は…… 「家庭と愛人と両方がほしい」

不倫をしている夫の気持ちの多くは、愛人に向かっているはずです。では、妻や子どもたちに対してはどのような思いな…

福田亮子

不倫、浮気・・・。デメリットばかりではない真実!影のパートナーになっている場合も。

不倫を肯定する訳ではありませんが、『不倫』『浮気』もストレス解消なのかもしれません。今の意識をそらす事で、夫…

かものはし

私は不倫している彼に何も求めなかった結果が良い方向になりました。

不倫はいけない事だとはわかっていますが、恋をしてしまった以上、なってしまった関係は仕方がありません。私の場合…

大西 友加里

恋愛に悩んで彼の浮気を疑った結果、わかったのは知らない間に不倫をしていた私でした。

彼氏が欲しくて出会いを望んだ私が手に入れたのは、幸せな恋愛ではなく、禁断の不倫でした。

岡本 由美

関連するキーワード