結婚12年目に訪れた事件

結婚して12年、私は本当に幸せな毎日を過ごしていました。

主人はいつも家族に優しく、一企業のサラリーマンですがそれなりの収入はありましたし、4人の子供達も大きな病気をすることなく、元気で健やかに育っていました。

そんなある日のこと、私は主人専用の預金の額が短い期間で大幅に減っていることに気がつきました。そもそも、この通帳は主人が出張や接待に必要なお金を入れていたもので、常時ある程度の金額を貯めてあったものです。

しかし、一度に引き出している金額が大きかったことから、なんともいえない不安感に襲われ主人に確認すると、会社で経費として認められないものが増えたために仕方なく自分が払っているという答えが返ってきました。

女のカンが働きました

そんな事あり得るのかしら・・・!?答えに釈然としなかった私は、絶対に何か他の理由があると考え、主人の携帯を見てしまったのです。

女性のカンは鋭いと昔からよく言いますが、やはり私の嫌な予感は的中していました。

「他に女がいたのです。」

その日から私は悩みの渦の中に巻き込まれ、日に日に笑顔を失っていきました。怒り、嫉妬など、さまざまな負の感情しか感じることのできなくなった毎日は、これまでとは180度変わったものになってしまったのです。

証拠を見つける為に探偵に依頼しました

まだ携帯を見ただけで、実際のところ何が本当の事なのか解りませんでした。私は、この心のモヤモヤを早く晴らしたいという思いで、結果がどうなるかわからないけれど、真実を突き止めたくなり、すぐに探偵社に連絡をし、夫の素行調査を依頼することにしました。

プロの仕事というのはすごいもので、ほんのわずかな期間で決定的な「浮気の証拠」腕を組んで歩いている姿、ホテルに入る2人の姿などをいくつも手に入れることができました。

「やはり浮気されていた・・・」

ものすごいショックではありましたが、何故か私は妙にすっきりしたのを覚えています。

それから約3年後、主人と話し合ったり自分自身の心と向き合った結果、やっと離婚するという結論をだすことができました。

一番の問題はやはり子供のことで、父親を奪ってしまうことへの罪悪感は相当でしたが、このままでは結局誰も幸せになれないと思い決断しました。
現在は私と子供達の5人で、毎日忙しいながらも笑顔の耐えない素敵な時間を取り戻すことができています。

この記事を作成したキュレーター

Midori

30代後半で子供4人のMidoriです。夫に浮気されて悩んだ末に離婚しましたが、今は幸せに生きています。

プロフィール

あなたの「いいね!」で、この記事が誰かに届いて、悩んでいる人が救われるかも・・・。
 

みんなが見ている人気記事

関連する記事

私が後悔している離婚になった3つの理由

今となっては後悔している、私が離婚する際の原因となった3つの理由を参考して、同じ状況にある方は、本当に離婚す…

西村 恭子

私が離婚を決断する際に良かったと思う「自分の心の整理の仕方」について

人生において結婚と離婚は、名字が変わる女性にとって大きな決断だと思います。私が経験した離婚という結果にたどり…

SAYU-MIYU

離婚決断の前に確認しておくべき8つのチェックリスト

いろいろな事があり、離婚をしなければいけないと決める。ですがその前にチェックリストで、本当に離婚すべきなのか…

22[夫婦] 編集部

早すぎた結婚。早すぎた離婚。

『早すぎた』とは、何らかの結果があって思うことです。結婚を決めた時、離婚を覚悟した時に思うことではありません…

川上 真輝

夫の浮気で離婚を決意した私は、自分と向き合うことで冷静な判断ができました。

夫の浮気が原因で離婚を意識し始めた私、しっかりと時間をかけて自分と向き合うことができたから、離婚時に冷静な判…

平林 カレン

関連するキーワード