結婚9年目で夫の浮気が発覚。

私は小学生の娘を持つ32歳の主婦です。今年なんとか結婚10年目を迎え結婚生活が無事続いてきましたが、昨年夫婦生活最大の山場があったのです。

それが「主人の不倫」でした。

ある時スーツをクリーニングに出すように言われてポケットの中を確認したところ、見覚えのない携帯が出てきました。しかもロックがかかっていて中を見れません。「新しい携帯買ったの?」と聞くと、主人は、慌てて「会社から支給されている携帯だよ」と答えました。

その時は、「そうなんだ。」とだけ答え、私自身もそれほど怪しいとは思わなかったのですが、徐々に主人の仕事の帰りが深夜になったり、休日出勤といって休みの日に出かける事が増えていきました。さすがに、これまでとは違う生活パターンの変化に「おかしい」と思いましたが、主人にそんなに余分にお小遣を渡していないのに遊べるはずはないと考えていました。

消費者金融のカードが見つかって確信。

ところがある日、主人の財布の中を見たところ、消費者金融のカードが入っていたのです。このカードは何だろう?見たことないな〜?としばらく考えた後で、初めてピーンときました。これまでの出来事が繋がったのです。

私は、主人に「外に女ができたな」と確信したのです。

正直、私は悩みました。このままそっとしておいて主人の熱が冷めて女と別れるのを待つか、それとも直接問いただすか、両親に相談するのも心配をかけることになるのを思うと、できなかったのです。もちろん、まだはっきりと不倫をしていると断言できる証拠を掴んだわけではなかったのですが、わかった事実として、借金をしていることは明らかでした。どちらにせよ、傷が広がらない内に、主人に疑問をぶつけることにしたのです。

携帯電話には不倫の証拠だらけ。

子供が寝た後に主人を座らせ、消費者金融のカードを突きつけ、「借金して女に注ぎ込んでるんだ?帰りも遅いし、休日も家族をほったらかして女と遊んでるんだ?」と言ってやりました。主人は「本当に仕事で・・・」などウジウジしていましたが、私はテーブルをバンと叩いて「じゃあ携帯を持って来て見せなさい!」と怒鳴りつけました。

渋々携帯を見せたので中を見たところ、明美という女とのラブメールばかりでした。私はそんな気はなかったですが、「不倫してるだ。もう離婚ね。娘はまだ小学生なのに母子家庭になるのね」と言ったところ、主人は土下座して「もう会いません。離婚だけは勘弁して下さい」と必死に何度も何度も謝りました。

その日から主人のは私の言いなりですが、まだ子供も小さいし傷が広がらない内に解決して良かったです。

結論

何事に、そっとしておいてもキズが広がるたけ。
何事も、早い内に対処するに超したことは無い。

この記事を作成したキュレーター

紗江子

離婚経験はありませんが、離婚の危機は幾度となく経験している結婚10年目の32歳です。夫婦の問題は、それぞれの夫婦で違うので難しいですが、人の経験は参考になるはず!

プロフィール

あなたの「いいね!」で、この記事が誰かに届いて、悩んでいる人が救われるかも・・・。
 

みんなが見ている人気記事

関連する記事

浮気がバレて離婚危機の男性へ、妻の気持ちを代弁しましょう

浮気がバレて離婚の危機に直面している男性へ。 ごまかしても無駄です。妻の直感を甘くみてはいけません。すべきこ…

しばはし聡子

不倫・浮気をしている可能性がある行動パターンと、浮気調査と証拠集めの方法

自分の夫や妻が浮気しているかもと思った瞬間はありますか?もしあるとすれば、そのままにするのではなく、真実を調…

小林 きよみ

私の不倫体験から、不倫中の悩みから解放される相手の見極め方を教えます。

実際に不倫して、略奪婚をした私の経験から、いま不倫中の方に悩みから解放される相手の見極め方を教えます。

かおる

不倫や浮気をしている夫の本音は…… 「家庭と愛人と両方がほしい」

不倫をしている夫の気持ちの多くは、愛人に向かっているはずです。では、妻や子どもたちに対してはどのような思いな…

福田亮子

関連するキーワード