夫婦はともに、どちらかが浮気や不倫していることに気づいたら、冷静な気持ちでいられなくなるものです。
  
そして「どうすればいいのか」「何をしてはいけないか」を考えて、
パニックになってしまうのです。     

たとえば、妻がしてしまいがちな行動としては、泣きながら
「その女性と別れてほしい」
と懇願したり、突然に
「もう、別れましょう!」と離婚話を始めてしまう、
といったことが多いのです。

これは、とにかく自分がいかに悲しく辛い思いをしているのかを
夫にわかってほしいと思うからではないでしょうか。

または、
「私の何がいけなかったの?」
と泣きながら相手を責めて、離婚話を進めようとするケースもあります。
これは、夫の気持ちを取り戻したい、そして離婚話をすれば、夫が
目を覚ましてくれるはずと考えているからなのです。

または、夫にただ怒りをぶつけて、
「その女と別れて!」
と自分の腹立たしさや悔しいさを解消しようとする妻もいます。

ときには、怒りの矛先が夫だけではすまずに、相手の女性に向けられる
場合もあります。

そして、少数ですが、夫の浮気の1つや2つ……と気づかぬふりをしたり、「目には目を、歯には歯を」と考えて、自分も浮気をする妻もいるかもしれません。

では、どうすればよいのでしょうか?

このときの対応を間違ってしまうと、結果に天と地の差が出てしまいます。
こうしたときには、<騒がない!>のが一番なのです。

たとえば、夫のケータイ見てしまったときに
「~~って書いてあったけど、どういうこと?!」
などと相手に詰め寄ってしまうと、逆に<ケータイ見たこと>が
夫から責められる材料となってしまうこともあるので、言わないほうがよいでしょう。  
どうしても夫の浮気や不倫を知っていることを伝えたくて、我慢ができないのならば、
「最近、あなたなんか変わった。気のせいかしら?」
くらいにしておくべきです。
浮気や不倫が始まったばかりのときは、興味本位だったり、遊び感覚の場合が多いものです。

妻もそうしたことが頭ではわかっていても、じっとしてはいられなくなります。  
ですが、妻が急に態度を変えてしまうと、
「気がつかれたかな?」
と夫はガードを固くするので、相手をさぐるような行動はほどほどにしたほうがよいでしょう。

早めに、プロに相談しましょう。

夫の親や兄弟などに相談をもちかけて協力を仰いでも、味方になってもらえない場合も少なくありません。
かえって嫌われてしまうことにもなりかねません。

そして、夫がそのことを知ったことで、不倫が本気になってしまったうえに、とことん責められることにもなりかねません。

友人たちも苦しんでいる妻を見てしまうと、離婚を勧めることが多くなり、その意見を拒むと関係性も悪くなり、その後の相談がしにくくなってしまうこともあるのです。

まずは、早目に、相談所に出向き、<何をすべきか>を冷静に教えてもらうことです。

もし、パートナーの浮気や不倫に気づいてパニックになってしまい、食事もとれず、眠れなくなって、イライラして子どもに当たり散らしてしまったり……と苦しくつらい日々を送っている方は、是非、プロに相談してください。 
プロのカウンセラーは、DVを受けている方以外に離婚を勧めることはほとんどありません。

もし、信頼できない相談所に出会ってしまったときは、どうぞ、私どもの相談所を訪ねてください。心からお待ちしています。

福田亮子のカウンセリングをご希望の方は、
上記の離婚救急隊のサイトをご覧の上、
フリーダイヤル【0120-25-4122】までお電話下さい。

この記事を作成したキュレーター

夫婦問題・離婚カウンセラー 福田亮子

26歳で4歳の長男を連れて離婚。その後、33歳でお互いに子連れで再婚。その後22年後2度目の離婚ををしました。
二度共に大変苦しい決断でした。子連れ再婚の良い点、難しい点を身を持って経験しました。
二度目...

プロフィール ウェブサイト

あなたの「いいね!」で、この記事が誰かに届いて、悩んでいる人が救われるかも・・・。
 

みんなが見ている人気記事

関連する記事

探偵会社って実は多い!良いところ、悪いところ選択の目安とは

数多くある探偵会社の中から優良会社を探す目安になればと思い、まとめてみました。

伊東 夕子

離婚調停や離婚裁判で通用する浮気の証拠とは?

結婚している人が浮気をして配偶者以外の者と性的関係をもつことを、法的には「不貞行為」といいます。これは夫婦の…

とちぎ探偵事務所

もはや病気?父親が不倫や離婚を繰り返すのを止められない。

もう何度繰り返しても終わる事が無さそうな実の父親の離婚の悩み。自分自身じゃない離婚で、こんなに悩まされるとは…

NANA

今年も多かった不倫報道、大切なのは素早く誠実な対応

今年はいつになく有名人の不倫報道が多かった気がします。ミュージシャンに歌舞伎役者、タレントに文化人、テレビや…

谷口のりこ

不倫、浮気・・・。デメリットばかりではない真実!影のパートナーになっている場合も。

不倫を肯定する訳ではありませんが、『不倫』『浮気』もストレス解消なのかもしれません。今の意識をそらす事で、夫…

かものはし

関連するキーワード