離婚の原因になった夫の不倫

離婚の原因になったのは夫の不倫です。

その頃の私はそれ(夫の不倫)ぐらい、夫婦で話し合えば乗り越えられる!!!っって
砂糖にハチミツ、味りんにガムシロ全部混ぜ合わせた様に甘かった・・・
考えが甘すぎました。

新居を建て引っ越し、新生活の始まりです。誰でも未来にワクワクしながら希望に満ちた生活を送っていると思うのです。
しかし、彼だけは、なぜか元気がないのです。
引っ越す前までは会話も夫婦生活もある普通の家族でした。
彼は自営業でした。周りにはパートさんがいます。
引っ越ししてからの彼は、家族には疲れたとか、もう寝るとか、ろくに話もしなくなりました。疲れたのかな?と思っていましたが、パートさんには家族に見せたことも無いような笑顔での対応。
ここでも私は疑うことなく、ただ外面がいいだけなのだろうなんて思ってました。
しかし、私的用事にパートさんと出かける、仕事はとっくに終わっているのに帰ってこなくなった、携帯を肌身離さず持ち歩く様になった、等あって、ようやく私は疑い始めました。

疑いの末、私のとった行動

疑い始めた私は、問い詰める証拠も無かったので、どうしようか思い悩んだ末、興信所を頼りました。
周りに親身になって聞いてくれる友人等がいれば、興信所を頼らなかったかもしれません。だから『もっと早くに、こういうサイトを知っていればっっ』とちょっと後悔。
お金の面で不安はあったけど、とにかく心のモヤモヤを失くしたいと思って、清水の舞台から飛び降りるくらいの気持ちで調査を依頼しました。

結果は真っ黒、私の気分もどん底(泣)
しかも、相手はパートさんで子供の同級生のお母さん

結果を知ってしまったが為、余計に混乱してしまいました。
そして証拠は押さえたものの、どうすれば効果があるのか?
それとなく、彼に「そういえば、噂だって聞いたんだけど、あなたと〇〇さんがホテルから出てきたって・・・」
「何かの見間違いじゃない?」と即答、しらばっくれられました。
その後、携帯をチェックした時、相手の女性と「絶対見られるわけないじゃん」「カマかけられたんだよ」とやりとり
そんな彼にアレコレ言ってもしらばっくれられると思い、また、考え悩んだ末、インターネットで離婚問題に詳しい弁護士さんを探し相談しました。

その後、私は離婚は望んでいませんでしたが、彼の気持ちは新しい彼女に向いていて、家族は知らん顔されたので、約1年余間の調停での話し合いで慰謝料、養育費を支払って頂くことで離婚することになりました。

振り返ってみて

こんな私が今振り返ってみて感じたのは、怪しい素振りを感じたらモヤモヤしてしまうもの、そこで、
①まず友人、離婚経験者(もちろん口が堅い人、離婚カウンセラーも有りですね)に話を聞いてもらう、愚痴を聞いてもらう、自分の中の怒りを吐き出しちゃう(笑)
ため込んだままは体に良くない!!! ←私は体調崩しました
そうして吐き出した後って意外と冷静になって「そういえば、私って彼のどこが好きで結婚したんだっけ?」とか「彼に優しくしてあげてたかな?」とか疑問が出てくるもの
その疑問と答えをノートに書き並べてみると「へぇ~」と思う事発見できるかもしれないです。
愚痴や怒りを聞いてもらった人にはひたすら「ありがとう」と感謝の行動お忘れなく

②証拠集めはした方がいいです。
私は興信所を利用しましたが、世間はそんな余裕無いのが現実。
携帯のロックが何か、解除方法は何かを心得ているならば8割証拠は押さえたも同然ですね。携帯ほど証拠の山は無い(笑)メール、写真、SNS、GPS
彼が彼女とのメールを消した携帯を私に渡したので見て「あれ、メール無いんだね」と言い彼がほっとした瞬間、私はゴミ箱ホルダーを見た途端、彼の顔は青ざめました。(笑)ゴミ箱まで空にしたら本文の復元が業者に持っていかないと出来ないので大切なメールって消せないんですよね(笑)
行動を探るにはやはりGPSでしょう。今はインターネットでレンタルできる時代です。カーナビや携帯でも機能を使う方法がありますよね。
そういった物を駆使して記録を集めることは大変ですが、後々、記録が有る無いで有利にも不利にもなります。

➂愚痴もバラまき、証拠もあるとなったら後は自分との戦いです。
修復する思いならば、①で冷静になった時に書いたことを思いだして、嫌なことは水に流し忘れちゃう、相手と始まったばかりの時の様に接する努力をすることですよね。でも、私の様に相手がヤダって言った場合や、離婚する決意ならば、証拠を駆使して相手から慰謝料等々支払って頂きさっぱり別れるってとこでしょう。こじれた場合は調停、裁判と長くなる可能性もありますが・・・

とにかく、どちらを選んでも選んだのは自分です。

自分が選んだ道に自信を持って明るく前向きに生きましょう。

このまとめを作成したキュレーター

あなたの「いいね!」で、この記事が誰かに届いて、悩んでいる人が救われるかも・・・。
 

みんなが見ている人気記事

関連するキーワード