妻の不満

最近、夫はいつも仏頂面で、何か不満を持っているようなのに
何も言わない。
仕事なのか家庭なのか・・・。
以前から口数は少なかったけれど、最近はますますわからない。

そんな夫を見ていると、私もついつい愚痴を言いたくなる。

家事は妻がやるのが当たり前。育児だって任せっぱなし。

結婚前は家事も育児も一緒にやるって言っていた。
私だって仕事をしているのに、自分の方が帰りが遅いからって、
お迎え、夕食、お風呂、寝かしつけまで人にやらせて
夜中に1人ビール飲んでるってどうなの?

でも実際にはあまりに忙しすぎて文句を言っている時間もない。
言い争ってる暇があるなら、その分早く寝たい。
不満は心に押しとどめたまま、表には出さない。

本音は・・・

たまたまうちに来た、実家の母が私の顔を見て「仏頂面」と言った。

夫が仕事から帰ってくる頃には疲れて寝ていることが多いし、
朝もお互いバタバタしていて話す時間もない。
不満なことはもちろん、楽しいこと、嬉しかったことも
伝えることなく日々が過ぎてしまう。

本当は、もっと夫に話を聞いてもらいたい。
家事や育児を手伝ってもらいたいし、頑張っていることを
認めてもらいたい。
こんなに一所懸命なのに、自分は間違ってはいないのに。
もっと優しくしてほしい、もっと大事にしてほしい。

カウンセラーの立場から

夫婦が思っていることって、同じことが多いんです。
でも相手の気持ちは、誰かに言われないと気がつかないし、
人から言われても認めたくない、だから「夫婦は鏡」なんです。

自分がしてもらって嬉しいことは、相手も嬉しいはずです。
自分が不愉快と感じることは、相手もそう感じるでしょう。
自分の行いは、そのまま自分に返ってきます。
人のふり見て我がふり直せ、とも言います。
時にはじっくり相手を見て、もしどこか不満そうな様子が見られたら、
自分の今を見つめてみて、そこになにか不満がないか考えてみましょう。

相手は自分自身を映すもの、改めて、夫婦は鏡、なんです。

谷口のりこのカウンセリングをご希望の方は、
上記の離婚救急隊のサイトをご覧の上、
フリーダイヤル【0120-25-4122】までお電話下さい。

おひとりで抱えこまず、一緒に乗り越えていきましょう。

この記事を作成したキュレーター

夫婦問題・離婚カウンセラー 谷口のりこ

14年前に離婚を考えたことをきっかけに、岡野あつこ先生の離婚カウンセラー養成スクールの門を叩きました。そこで学んだことは、私の大きな財産となり、実生活にも大変役立っています。
その後、離婚カウンセラーとなり、「岡...

プロフィール ウェブサイト

あなたの「いいね!」で、この記事が誰かに届いて、悩んでいる人が救われるかも・・・。
 

みんなが見ている人気記事

関連する記事

夫の死を願う妻たち 水面下ではどれだけの事件が起こっている? 犯罪者になってしまう前…

夫の食事に毒を盛ったり、焼酎に劇薬を混ぜる妻たちがいます。なにが彼女たちをそこまでの凶行に走らせるのでしょう…

谷口のりこ

夫のお母さんになってしまってはいませんか?

結婚生活が長くなってくると、夫婦は「男と女」という関係性ではなく、親子のようになってしまいがちです。夫に対し…

福田亮子

夫婦問題を解決に導くのは「話合い」これで解決できない問題は専門家に相談するのがベスト…

夫婦には様々な問題が起こりますが、何事も2人で話し合って解決していくのが一番の方法です。ですが、域を超えての…

細川 孝

夫婦問題が起こった時に、選択して欲しい「相談」という行動。

夫婦問題が起こった場合に、大抵の夫婦は、自分の頭の中だけに抱えて悩んで、悩んで、悩み続けて・・・。という風に…

矢部 多恵子

関連するキーワード