家庭内暴力いわゆるDVは、肉体的にも精神的にも深く傷ついているのに、自分から
打ち明けない限り、周りの人が気づくことも少なく、孤独を深めてしまいます。
DVを受けている人は、自分が悪いから相手を怒らせてしまう、
自分が我慢すればいい、と思っていることが多いのです。
これらはDVが表面化してこない理由のひとつでもあります。

妻からのDV

DVには、身体的暴力の他にも、精神的暴力や経済的暴力など
いくつか種類がありますが、最近は女性(妻)からのDVも増えて
きているんです。

日々のカウンセリングの中でも、暴れる妻が多くなってきたように
感じています。

本来、非力であるはずの女性が、あえて力で男性に挑もうとする
背景には、相手に自分の気持ちをわかってもらいたいのに、
うまく伝えられないもどかしさがあると思うのです。

どうしてもうまく言葉で伝えることができない。
甘えベタで、かわいく怒ったりすねたりできない。

最近の妻はすぐにキレる・・・と感じたら、その裏にどんな思いが
あるのかを考えてみてください。

防げるDVもある

爆発的な暴力の後には、打って変わって深い反省と優しさを見せ、
この人には自分がいなければダメなのだ、と
抜けられないスパイラルに陥ることの多いDVですが、
ついカッとなり、言うつもりのないことを言ってしまってのケンカ、
いわゆる「売り言葉に買い言葉」の末の暴力は、防げることが
多いのです。

一緒にいる時間が増えるほど、どんな態度や言葉に相手が
反応するのかわかってくるようになりますよね。
相手の怒りのポイントをしっかり掴んで、
暴力のスイッチを入れないことが大切です。

勇気を出して

自分や子どもの命にかかわることです。
1人で抱えてはいけません。

勇気を出して、信頼できる友人や親戚、もしくは
弁護士やカウンセラー、行政を頼ってください。

誰かに話すことで、ほんの少しでも状況は変わるかもしれません。

ほんの少し、勇気を出して。

谷口のりこのカウンセリングをご希望の方は、
上記の離婚救急隊のサイトをご覧の上、
フリーダイヤル【0120-25-4122】までお電話下さい。

おひとりで抱えこまず、一緒に乗り越えていきましょう。

このまとめを作成したキュレーター

夫婦問題・離婚カウンセラー 谷口のりこ

14年前に離婚を考えたことをきっかけに、岡野あつこ先生の離婚カウンセラー養成スクールの門を叩きました。そこで学んだことは、私の大きな財産となり、実生活にも大変役立っています。
その後、離婚カウンセラーとなり、「岡...

プロフィール ウェブサイト 相談する

あなたの「いいね!」で、この記事が誰かに届いて、悩んでいる人が救われるかも・・・。
 

関連するまとめ

単身赴任だった夫が 、5年後に戻った場所は、、、、

4月・10月は転勤の季節。国民生活基礎調査・国勢調査によると2005年から2010年の単身赴任の家族は約73…

乃生 佳代子

別居はつらい・・・しんどい・・・日々だけが過ぎていくね 

ひまわりのように、太陽に向かって真っ直ぐに・・・ 希望をもってがんばりましょう^^ 優しい笑顔であいさつか…

小栁 清美

最近多い、30代~40代男性のご相談

夫婦問題のご相談というと、女性が多いと思われがちですが、男性のご相談者様も多くいらっしゃいます。

Siori

夫婦問題を解決に導くのは「話合い」これで解決できない問題は専門家に相談するのがベスト…

夫婦には様々な問題が起こりますが、何事も2人で話し合って解決していくのが一番の方法です。ですが、域を超えての…

細川 孝