家庭内暴力いわゆるDVは、肉体的にも精神的にも深く傷ついているのに、自分から
打ち明けない限り、周りの人が気づくことも少なく、孤独を深めてしまいます。
DVを受けている人は、自分が悪いから相手を怒らせてしまう、
自分が我慢すればいい、と思っていることが多いのです。
これらはDVが表面化してこない理由のひとつでもあります。

妻からのDV

DVには、身体的暴力の他にも、精神的暴力や経済的暴力など
いくつか種類がありますが、最近は女性(妻)からのDVも増えて
きているんです。

日々のカウンセリングの中でも、暴れる妻が多くなってきたように
感じています。

本来、非力であるはずの女性が、あえて力で男性に挑もうとする
背景には、相手に自分の気持ちをわかってもらいたいのに、
うまく伝えられないもどかしさがあると思うのです。

どうしてもうまく言葉で伝えることができない。
甘えベタで、かわいく怒ったりすねたりできない。

最近の妻はすぐにキレる・・・と感じたら、その裏にどんな思いが
あるのかを考えてみてください。

防げるDVもある

爆発的な暴力の後には、打って変わって深い反省と優しさを見せ、
この人には自分がいなければダメなのだ、と
抜けられないスパイラルに陥ることの多いDVですが、
ついカッとなり、言うつもりのないことを言ってしまってのケンカ、
いわゆる「売り言葉に買い言葉」の末の暴力は、防げることが
多いのです。

一緒にいる時間が増えるほど、どんな態度や言葉に相手が
反応するのかわかってくるようになりますよね。
相手の怒りのポイントをしっかり掴んで、
暴力のスイッチを入れないことが大切です。

勇気を出して

自分や子どもの命にかかわることです。
1人で抱えてはいけません。

勇気を出して、信頼できる友人や親戚、もしくは
弁護士やカウンセラー、行政を頼ってください。

誰かに話すことで、ほんの少しでも状況は変わるかもしれません。

ほんの少し、勇気を出して。

谷口のりこのカウンセリングをご希望の方は、
上記の離婚救急隊のサイトをご覧の上、
フリーダイヤル【0120-25-4122】までお電話下さい。

おひとりで抱えこまず、一緒に乗り越えていきましょう。

この記事を作成したキュレーター

夫婦問題・離婚カウンセラー 谷口のりこ

14年前に離婚を考えたことをきっかけに、岡野あつこ先生の離婚カウンセラー養成スクールの門を叩きました。そこで学んだことは、私の大きな財産となり、実生活にも大変役立っています。
その後、離婚カウンセラーとなり、「岡...

プロフィール ウェブサイト

あなたの「いいね!」で、この記事が誰かに届いて、悩んでいる人が救われるかも・・・。
 

みんなが見ている人気記事

関連する記事

こんな口調はやめて!妻がこわがる夫の話し方

夫からの電話が鳴るだけで心臓の鼓動が高鳴る。怒られるのではないかと怯える。潜在的に夫がこわいと思ってしまう妻…

しばはし聡子

離婚したいと言い続けている妻…その離婚理由は…!?

決定的な離婚理由がわからない!?妻から離婚を言い渡されてもその理由に納得がいかない夫。 その時に初めて自分を…

川上 真輝

最近の若い夫婦の離婚事情

時代と共に夫婦のかたちも大きく変わってきました。 20代、30代の若い主婦に陥りやすい実家依存症について学び…

日置景子

包容力のある妻が息苦しいという夫

パートナーのことを想ってした言動がパートナーの心の届かずに亀裂に繋がってしまうこともあります。 お互いに修正…

鈴宮さゆり