社会的に育児への見方が変わってきている

これまでは、育児は女性がするという流れが強くありましたが、最近では、育児休暇で男性が子育てをすることが出来る企業なども増えてきました。

基本的に二人で育児をしていくことが大切です。

この積極的に育児が出来る男性を「イクメン」と呼んでいますが、中には妻が仕事に出て旦那が家で育児をするなど、男性が子育てをして家庭のバランスを取って二人で協力しながら育児をするご家庭も増えています。

気の持ちようで育児を楽しく行うことは出来る

基本的には夫婦で助け合ってこそ、楽しい育児ライフを送ることが可能です。子育てを楽しくまた、工夫しながら夫婦が互いにサポートし合えることが重要になります。

そのため、普段あまり育児に積極的では無い方も、男性が出来ることは手伝う、また女性が可能な事もしっかり手伝うと言った「手助け・共に行う」精神が必要です。もちろん重い荷物は男性が運ぶ事は基本中の基本です。

男性が出来ることを具体的に例えると・・・

男性はやはり育児全般の面からいうと、女性には劣ることが多いですが、以下の様な事は、必ずできるでしょう。

・皿洗い
・洋服を洗濯する
・子供の送迎
・子供と遊ぶ

この辺りは、男性がしっかりとサポートする事で、パートナーにも誠意が伝わり良い関係が築きやすくなります。

女性もサポートを忘れずに。

また、女性が男性に対して出来ることは、育児ではなくサポートです。

・男性にも自由な時間を与える
・仕事の時間を尊重する
・パートやアルバイトで家計を手伝う

こういった基本的な事をしっかり守っていればお互いを尊重した結婚生活が過ごせ、育児も自然とうまくいきます。またお互いが喧嘩にならないように役割分担をしておくともっと合理的に育児を楽しんで行くことが出来るようになります。上手な分担をする上で、しっかりお互いが話合い、子育てをしていくことも大切です。

男性も食事の準備を手伝う

基本的に、一日三食なので、土日などの休日は、旦那さんも食事を作ることをおすすめします。女性のストレス発散は「食事」とも言えます。

そのため旦那さんも料理を作る際にはしっかり女性をサポートする感じで好きなメニューや献立を考えておきましょう。女性が好きなメニューを調理できる様にレシピなども確認しながらおいしくご飯を調理することがマストです。

何事も愛情を込めて考えることが重要です。

休日は積極的に外食

休日は土日のいずれかの日は積極的に外食に行くことをおすすめします。出来れば美味しいお店を検索してドライブがてらに少し遠出するのも、家族やお互いのストレス解消になります。

基本的なことですが、コレができていない夫婦も沢山いますし、もし現在あまり夫婦関係がうまくいっていない場合は、こういった事で、夫婦仲が改善される事もありますので参考にしてくださいね!

この記事を作成したキュレーター

主婦 矢作 はるこ

現代は離婚がどんどん多くなっています。数が増えることで、ハードルが下がり更に増えるという状態ですが、その原因となる「夫婦問題」に関して、執筆いたしております。

プロフィール

あなたの「いいね!」で、この記事が誰かに届いて、悩んでいる人が救われるかも・・・。
 

みんなが見ている人気記事

関連する記事

子供がよりよく成長するために、1人で悩まずに相談を。

子育ての悩みから離婚に至るケースも多くあります。でも、子供がよりよく成長する為にも、1人で悩んで簡単に離婚を…

佐々木 頼子

子供がいる夫婦、離婚するべき?しないべき?

子供を抱えている状態で夫婦の仲が悪くなってしまうと離婚するかしないか、自分の気持ちだけでは決められない問題が…

高島のぶこ

子ども目線からみた親の離婚

突然、親から離婚すると言われると、子どもはうろたえて、その時から不安な心理に陥ります。その時の子どもの様子は…

大月まみ

子連れ離婚の方へ。面会交流きちんとできてますか?

離婚して「やっと自由の身だ」と思うのも束の間。子連れ離婚の場合、相手とのやりとりが続くのが子どもの面会交流で…

しばはし聡子

親の離婚が子供にもたらす悩みについて知ってください。

自分の両親が離婚してしまった時に、子供の心にも残ってしまう悩みについても考えて欲しいと思い、私の経験をまとめ…

佐々木 頼子

関連するキーワード