感情のぶつけ合い

夫婦喧嘩がなかなか収束できないことが原因で
「別居」~「離婚」へと繋がってしまう場合が増えています。
日常生活では出来ていても感情的になってきてしまうと
相手を認めたり、許したり、受入れたり
ということが冷静にできず
その場の感情できついことを言葉にしたり
反対に無視したり。黙り込んだりしてしまいます。


夫婦喧嘩の時

夫婦喧嘩になってしまう時最初は些細なことでも
お互いに感情が優先してしまうと喧嘩になった問題ではない
過去のことまで持ち出したりしてしまうことも
少なくありません。
そうなるとより感情が優先してしまいます。

◇言葉尻を捕らえるてパートナーの言動のみを責める。
◇自分の意見ばかり言いパートナーの話を聞かない。
◇どちらが悪いのかばかりにこだわる。
◇感情を抑えられずに物にあたる。
◇自分の意見を言わずに黙り込む。
◇悪いと想うことは全てパートナーのせいにする。
◇パートナーの人格を否定することを言葉にする。
◇親族の悪口は言葉にする。
などの状況になってしまいます。

お互いに気持の切り替えがなかなかできずに
喧嘩を翌日以降も引きずってしまいます。

喧嘩のルール

「感情のぶつけ合い」・「八つ当たり」
「売り言葉に買い言葉」などで喧嘩になってしまい
パートナーの気持ちを逆なでしていまい傷つけてしまいます。
夫婦喧嘩はとちらが正しいか正しくないかの結論を
だすことでは決してありません。

夫婦の間で喧嘩のルールを共有しておくことが大切です。
上手くいっている夫婦はそれぞれのルールができています。

◇朝は喧嘩しない
◇見下した表現はいない
◇親族の悪口は言わない。
◇感情的になりすぎていると感じた時はお互いに
頭を冷やすために一人の時間をもつ。
などがありますが・・・
一番大切なことは
◇どちらがどのような時に謝りの言葉を口にするかです。
不思議なもので謝ることはなかなか難しくても
どちらかの「ごめんなさい」の一言で相手も「ごめんなさい」
と言えるようにあります。
夫婦喧嘩は謝るきっかけをどうつくれるかにより
収束でき長引かないで済みます。
夫婦で「夫婦喧嘩の終わらせ方」を共有しておきましょう。

受け止め歩み寄る

お互いに「最も理解・共感して欲しい」と望んでいるからこそ
「何故わかってもらえないのか?」などの想いが強く
感情的になりがちで夫婦喧嘩になってしまうことも
少なくありません。
夫婦といえども「別人」です。
意見・想いが違っていたり、パートナーの想いが理解
できないことも多々あります。
パートナーの想いが納得できるかできないかではなく
受け止めて尊重していくことが大切です。
受け止めたうえで歩み寄りながら寄り添っていけることが
何よりも大切です。
お互いの想いを共有・理解できるように
夫婦の話し合い・冷静な意見交換を取り入れていきましょう。



この記事を作成したキュレーター

夫婦問題カウンセラー 鈴宮さゆり

はじめまして LeCuplemieux 鈴宮さゆりです。
「死別」「子連れ再婚」「子連れ離婚」
を経験してきました。
人の「想い」は深く尊いものです。
悩んで迷って先が見えない状況でした。...

プロフィール ウェブサイト 相談する

あなたの「いいね!」で、この記事が誰かに届いて、悩んでいる人が救われるかも・・・。
 

みんなが見ている人気記事

関連する記事

「離婚」を切り出した妻が浮気をしていた時の修復の仕方

パートナーが「浮気」をすること自体受け入れることが困難なのに・・・「離婚」を切り出されてしまう・・・でも「離…

鈴宮さゆり

離婚 or 修復?大事なのは「後悔しない決断力」

離婚を迷っている時、人は5つの岐路に立たされています。 あなたはどの道を選びますか?どんな道があるのかを紐解…

しばはし聡子

夫婦の基本に立ち返ろう!今後もずっと一緒に暮らすために心がけたいこと

結婚生活が長くなってくると、お互いが空気みたいな存在になってきますよね。パートナーへの思いやりや尊重する気持…

高島のぶこ

お盆帰省の時こそ夫婦関係の修復を!

ピンチをチャンスに。いやいや、ピンチはピンチです!そう思われるかもしれませんが、お盆帰省の機会を夫婦関係修復…

山谷育子

関連するキーワード