白なのか?黒なのか?

(自分の妻が浮気をしている)
と確信しました。最初の香水に気付いてから3か月あまり。
この頃になると、子供がもう
(お母さん、クサい!)
と言うようになっていました。
でも、子供に対してバカにした態度の妻は意に介しません。

妻を問い詰めない
携帯を見ない

事にしましたが、確かめたい自分がいます。
妻には明らかに浮気の兆候が見られるのです。
この頃になると、普通に前々回の

今までつけなかった香水を突然つけるようになる
今までしていなかった石の入った指輪をするようになる
飲み会が増える(ほぼ日付が変わってから帰宅)
帰りが遅くなる

に加えて、

トイレや風呂に携帯を持っていく
話しかけても上の空の答え
毎晩深夜、皆が寝ても寝ない

など、もう(怪しさてんこ盛り)でした。
でも、グレーなんです。これは。
(怪しい行動を取っているだけ)なんですね。

ある日の夜、目が覚めてトイレに行くと妻はまだ1階リビング。
足音を立てないように、階段を下りていくと
誰かとの話し声が聞こえました。
リビングのドアが閉まっていました(普段は開けっ放し)
そこで、リビングのドアを開けて水を飲みにキッチンへ。
それでも話を止めない妻。

水を飲みながら、楽しそうに話す妻の携帯から声が漏れています。
それは男性の声でした。
「こんな遅くに誰と話しているの?」
「うん、〇〇さん(指輪をくれたと言っていた女性」

(あのさ、声が全部まる聞こえなんですけど...)

そう思いながら、ボクは部屋に戻りました。
心臓バクバクです。
(誰だ?聞いたことない声だったぞ)
(あれが浮気相手の声だな)
そんな事を考えていました。
妻は堂々としたもんです、平気で嘘をついています。

でも抑えて、抑えて...まだまだ確定したばかり。

正直、電話を取り上げて
「誰だ!こんな遅くに何の用だ!妻とどういう関係だ!」
と言いたかったです。でもそれをやってしまうと今まで
モヤモヤしながらも抑えてきたモノを、全部ダメにしてしまう。
さらに開き直られて、堂々と離婚宣言された挙句
子供も取られるような事は避けたかった。だからその言葉も飲みこんだ。

いつもと変わらず、堂々と電話をし、
毎週のようにある(飲み会)も、日付が変わってから帰宅し、
毎日のようにお客さんとの予定がずれ込んで遅くなる...

普通に考えてある訳がないじゃないですか、そんなの。

でもボクは
(もうわかっちゃってるんだよ)
と思っていましたから、何と言うか肝が据わっていた、と言うか...

でもはっきりした証拠がありません。
そこで、ちょっと(人)に頼みました。

探偵登場!(意外と近くでわかることもある)

ボクの気持ちは、その時は別れるつもりはなく
(白なのか黒なのか、はっきりさせたい)
という思いだけで、それを本人がしっかり認めたら、
今後の本人の意思を確認し、その後はどうするか考えるつもりでした。

でも、どこの誰に言えばいいのか?さっぱりわかりません。
そこで(イエローページ)を見つつ、ネット検索です。
何となく良さそうな所に行き(今でもそこで良かったかどうかはわかりません)
話をすると親身に聞いてくれました。

「どうしたいですか?」
と言うので、はっきりさせたい旨を言うと
いろいろなプランを教えてくれましたが、確信があったので数日です。

まず、それが良かったかどうかわかりません。
でも相手がはっきりしたことは良かったです。
住んでいる所も、車も顔も。
職業だけはわからなかった。
それで終了。費用も高かったけど、このぐらいなのかな?

まだスッキリしません。
そこで昔、大きな音でバイクを乗り回していたボクの後輩。
今や真面目な体育会系です。
そんな彼に連絡を取り、
「関係ないけど、これこれこんな風貌の男を知らない?」
と試しに聞いてみました。すると
「心当たりが何人かいるので、ちょっと聞いてみます。また連絡します」
と言って電話を切ったその次の日、早速電話がありました。
たまたま休みの日だったので、昼間で大丈夫でした。
「どうだった?」
とボク。
「昨日先輩が言っていた奴、たぶんですけど〇〇って奴だと思います」
やっぱりな。
このネットワークで引っかかると言う事は...普通じゃない(笑)
「オレ、何も関係ないっすよ。はっきりした話じゃないし、
そいつと話したこともないし...でもお困りのようなので、
何かあったらまた連絡下さい。動きます」
なんて、なかなか泣かせることを言う後輩。
「わかったよ、ありがとうな」
と言って電話を切った。

だんだんはっきりしてきた。

一つわかるごとに鼓動が早くなる心臓。

そしてこの
(グレーゾーン)
はかなり疲労します。ボクはお金も遣いました。
裏でこそこそ動いて、調べて....いやらしいですね。
でも(はっきりさせたい)と思っていましたから、そんな事も考えなかったです。

(はっきりさせたい)という思いが、だんだん自分の中で
(離婚)に舵を切り始めました。

(これから先、一緒にいたくない)
と思うようになってきたのです。

(人生を一緒に楽しめるか?一緒に楽しみたいか?)
自問します。何回聞いても(NO!)でした。

ボクの場合はイエローページやHPで(何となく良さそう)な所に行って、
決めちゃいましたけど、今考えると無知で無謀です。
(早く)はっきりさせたい思いだけで動いたので、そうなりました。
親身ではあったけれど(満足)な結果ではなく、
(少々決定打に欠ける)部分もありました。でもそれで良しとしました。

探偵に依頼する前にしっかり選ぶ事、相性もあると思います。

この記事を作成したキュレーター

Hiro

バツ2のシングルファザーです。自分の通った道を書きつつ、同じ事は繰り返さないと自分にも言い聞かせます。子供と楽しく暮らしています。毎日何でも勉強。ここでも勉強させて頂きます。 どうぞよろしくお願い致します。

プロフィール

あなたの「いいね!」で、この記事が誰かに届いて、悩んでいる人が救われるかも・・・。
 

みんなが見ている人気記事

関連する記事

離婚によって男性が支払う慰謝料・養育費はどの様になっているのでしょうか?

離婚に際して発生する金銭の問題。慰謝料や養育費はどちらかというと男性側にとっての悩みになってきます。慰謝料や…

西村 恭子

喧嘩が出来るのも、感謝が出来るのも幸せです。

喧嘩が出来る事は幸せです。ボクはできません、夫婦喧嘩。でも感謝する事は誰にもできます。どちらも(しあわせなこ…

Hiro

愛する妻に裏切れ離婚をつきつれられた夫の気持ちの整え方

妻に離婚をつきつけられ離婚をつきつれられる夫の気持ち

鈴宮さゆり

20代男性が経験した離婚実録。結婚・妻の監視・浮気・そして離婚へ。

21歳で結婚し、23歳で離婚をした2年間に起こった出来事を書きます。妻とのバランスが悪ければ、同じ状況に陥る…

ねんざ

細かい話かも知れないけれど。

細かい話かも知れないけれど、普段何気なく言っている言葉が相手を傷つけている事があるかも知れない。そして、気が…

Hiro

関連するキーワード