してはいけないのは「急ぐこと」

子供が物心つく前の乳幼児であれば心配する必要もないのですが、小学生以上の子供をお持ちの方は子供を甘く見てはいけません。
「思春期に入る前に再婚してしまおう」と、子供に説明なく同居してしまったり、ましてや勝手に籍を入れてしまうなどはもってのほか。
離婚を理解できている子供であれば、「僕がお手伝いしてママを支えよう」と思ったり「ママを悲しませないようにしよう」と子供なりに自分ができることを考えているものです。
そこに突然知らない男性が割り込んできたら、「どうして僕じゃダメなの?」と男性を受け入れないどころか、ママに対して裏切られた気持ちが芽生え親子関係にもヒビが入ってしまいます。

「早くパパを作らなくちゃ」は子供にとって大迷惑

よく「新しいパパを早くつくってあげなくちゃ」という言葉を聞きますが、本当に子供がパパがほしいと言ったのでしょうか。学校の行事にそんなにパパが必須でしょうか。
子供が望むのであれば積極的にパパを見つけるに越したことはありませんが、もしも親の勝手な思い込みなのであれば、子供が今なにを必要としているのかよく見てあげてください。
今、一番ほしいのは、「ママに愛されること」「一緒にいないパパからも愛されていること」をかもしれません。
子供にとってパパはたった一人、どんな理由でいなくなったにせよかけがえのない存在なのです。

子供扱いせずに説明を

子供だってきちんと話せば理解します。
親から子へのトップダウンではなく、「ママは一緒にいたいと思う人がいるけどどう思う?」と気持ちを聞いてみましょう。
あくまで「一番好きで大事なのは子供だよ」という気持ちを伝えることを忘れてはいけません。
ママに嫌われたくないがために、本心ではなく「ママの好きにしていいよ」と言うこともよくあります。これは子供にとって精一杯の譲歩でしょう。
ということは、裏を返せば「いやだ」と言うのであれば、誰になんと言われようとママに嫌われてでも絶対いやなことなのです。
もし、子供が「いやだ」というのであれば、今は時期ではありません。強行突破するのは絶対にやめましょう。

いずれ受け入れるときがくる

子供が「いやだ」と言うからといって、彼氏をつくるなということではありません。
彼氏がいることによって心が安定し余裕ができて子供にも優しくできたりするものです。
すべて子供の思い通りにする必要もありませんし、機会を作って一緒にご飯でも食べて、仲のよい男性がいることを子供に知らせておくのもよいでしょう。
ママと子供の関係を第一優先にしてくれる男性であれば、いずれ子供も「この人はママと自分を大切にしてくれる人だ」とわかってくれる時がきます。
中学高校にあがり、自分の恋愛や部活に忙しくなればママに執着する度合いも激減することでしょう。
そのときに子供が認めれば再婚すればいいですし、長きに渡ってあなたと子供を優先して支えてくれる男性であればあなたの幸せも保証されたも同然ですよ。

この記事を作成したキュレーター

離婚・面会交流コンサルタント しばはし聡子

大学時代は法律を学び、エネルギー業界で広報・秘書業務に従事。
結婚・出産を経て、仕事も家庭も育児も順風満帆!のはずが、40歳でまさかの離婚。現在、シングルワーキングマザーです。
自身の離婚経験を生かし、同...

プロフィール ウェブサイト 相談する

あなたの「いいね!」で、この記事が誰かに届いて、悩んでいる人が救われるかも・・・。
 

みんなが見ている人気記事

関連する記事

離婚後の様々な悩みは、相談出来る人や頼れる人を見つける事で解消できます。

離婚後、特にシングルマザーになる女性には、いろいろな悩みが付きまといます。1人で全てを抱えてしまうと本当に大…

佐々木 頼子

「フレンドリー・ペアレント・ルール」 って知ってますか

初めて耳にする方も多いのではないでしょうか。フレンドリー=友好?ペアレント=親? 今後、離婚後の親権獲得にあ…

しばはし聡子

夫婦が意外と知らない「離婚の条件」とは

夫婦の離婚が認められるには、離婚の条件を満たす必要があります。意外と知られていない夫婦の離婚の条件について調…

Shortcake98

離婚したいけど・・ちょっと待って!その離婚★離婚後の生活は大丈夫!?

パートナーの裏切りにより、離婚をしたくて仕方ない方もいますが、中にはカウンセラーからみて、時期早々と思える方…

MIWAKO

離婚したシングルマザーは、子育ての相談をする公的機関を上手に利用しましょう!

離婚をすると決める前に、子供がいる方が心配になるのは、「1人になってからの生活」。別れる前に、シングルになっ…

山本 瞳

関連するキーワード